大谷石蔵活用事業

大谷石蔵調査について


これまでの大谷石蔵調査

13年11月 栃木県建築士会宇都宮支部が,中心部約100件の物件を調査
15年9月 宇都宮まちづくり推進機構が,中心部約100件の物件を調査
17年3月 大谷石蔵マップ作成(改訂版は18年9月作成) ⇒ 内,写真・場所紹介は,中心部約25件,大谷地区約11件 宇都宮まちづくり推進機構のホームページにも掲載


今回の大谷石蔵調査(平成22年度)

調査エリア
調査結果
調査ブロック 今回調査確認件数 消失(今回確認)
16 5
27 1
15 5
19 5
21 3
98 19
調査時
平成22年9~12月
調査員
宇都宮まちづくり推進機構「歴史的建物活用特別委員会」のメンバー
中心部を5ブロックに分け,3人一組で聞き取り調査(内一人は,1級建築士)
今後の活用
今後,大谷石蔵の保存と活用のための基礎資料として活用