大谷石蔵活用事業

事業最新情報・お知らせ

2019.11.27 「宇都宮まちなみ景観賞」に「ダイニング蔵おしゃらく」が選定されました

おしゃらくは、元々は、宇都宮市の旧公益質屋の蔵でした。取り壊しも検討されていましたが、大谷石の貴重な建物であることから、推進機構で保存を提案し、公募により活用方法を募りました。その結果、現在のレストランとなっております。日本遺産の登録文化財にも認定されています。 大谷石蔵を活用した店舗で,外構には大谷石などの自然素材が活かされたつくりと なっており,松が峰教会や隣接する店舗と連続した,大谷石を感じるまちなみが形成 され,中心市街地における景観のスポットとして多くの人に親しまれています。