まちづくりと公共交通の研究

事業最新情報・お知らせ

2020.01.22 宇都宮MaaS社会実験の分析結果の概要について

 令和元年8月から10月にかけて、宇都宮市のバス等が乗り放題となる無料パスを発行した際の公共交通の利用変化を調査する「宇都宮MaaS社会実験」を実施しました。  実験結果として、無料パスの導入によるバス・鉄道の利用率の増加や、外出機会自体の増加、行動範囲の拡大などが確認できました。  アンケート調査では、スマートフォンを利用した予約・決済方法の充実を求める声が多く、複数の交通手段の決済サービスなどが統合されたMaaSの潜在的な需要があることが確認できました。  実験にご参加いただいたモニターの皆様、ご協力いただき誠にありがとうございました。   公共交通無料区間図はこちらをクリック