宮サイクルステーション事業

事業の運営

平成22年10月~平成25年8月
特定非営利活動法人宇都宮まちづくり推進機構
平成25年 9月~現在
サイクルスポーツマネージメント株式会社


事業の目的

  • 「宮サイクルステーション」は,宇都宮市が進める「自転車のまちうつのみや」の実現に向けて,自転車利用者のためのモデル施設として,JR宇都宮駅前に設置したものです。
  • 自転車をより快適に利用できる施設設備を提供するとともに,「自転車のまち宇都宮」のPR,情報発信に努めています。

宮サイクルステーション 詳しくはこちら


事業の背景

1. ジャパンカップの開催地としての実績

  • 宇都宮市では,平成4年より,毎年「ジャパンカップ・サイクルロードレース」が開催されており,全国から自転車ファンが集まるまちです。
    平成22年度には,初めて市街地におけるレース「クリテリウム」が,市内の大通りで開催されました。
    ※「ジャパンカップ」:アジア最高峰の国際自転車ロードレース大会,平成23年で20回目を迎える。

2. プロスポーツチーム「宇都宮ブリッツェン」の発足

  • 平成20年10月,日本初の「地域密着型」プロスポーツ自転車ロードレースチームとして,「宇都宮ブリッツェン」が誕生しました。「宇都宮ブリッツェン」は,地域まちづくりにも貢献しています。


事業の仕組み等

  • 施設の設置者:宇都宮市
  • 事業受託者(施設の管理運営):特定非営利活動法人宇都宮まちづくり推進機構
  • 平成22年10月 2日…「宮サイクルステーション」オープン
  • 平成22年10月23日…ジャパンカップ「クリテリウム」(市街地レース)の開催
    (観客:約3万人)


サービスの内容

1. 施設の無償提供

  • シャワー,トイレ,ロッカー,休憩スペース,自転車の修繕工具の提供
  • 市内観光やサイクルスポーツに関する情報提供
【利用者の登録】(平成22年10月~23年6月) 計882名 (市内341名38.7%,市外541名:61.3%)  ※市内よりも県外(東京や埼玉など)や県内の利用客の方が多い。

【来訪者】(平成22年10月~23年6月) 計5,322名 (平均:月702名)

2. スポーツバイクのレンサイクル

  • クロスバイクやロードバイクなど15台を貸し出し(1日1,000円,4時間 500円)
【利用者】(平成22年10月~23年6月) 計643名 (1日利用:345名,4時間利用:298名)

3. 企画運営業務(宇都宮ブリッツェンとの連携事業)

  • 平成22年度の実施状況(平成22年11月~23年3月)
スポーツバイクセミナー ブリッツェン選手や専門スタッフによる自転車の初級講座
⇒「まち乗り講座」「メンテナンス講座」
 「栄養指導講座」「ストレッチ講座」
 「フィットネス講座」
 計5回開催(各回10名程度受講)
ブリッツェン・コミュニティ 週1回,ブリッツェン選手が「宮サイクルステーション」に滞在し,来訪者と自由に交流
⇒ 計14回開催(各回10名程度参加)
まちなかライド ブリッツェン選手とのサイクリングツアー(大震災で中止)