大谷石蔵活用事業

旧公益質屋活用事業について


事業の目的

  • 旧公益質屋は,昭和13年に建築された築70年を超える大谷石造りの石蔵です。
    また,国の登録文化財である松が峰教会の正面に位置し,中心商店街にも隣接していることから,大谷石蔵が失われつつある中心市街地にあっては,大変貴重な建築物です。
  • 一方で,最近,歴史的建物を再評価する機運が高まっており,市内でも,大谷石蔵を活用したレストランやギャラリーなどが,あちこちに見られるようになってきました。
  • 宇都宮まちづくり推進機構では,これまで貴重なまちなか資源である大谷石蔵について,保存と活用等の調査検討を続けてきました。
    今回,立地に優れ,長い年月を経て独特の風情を醸し出している「旧公益質屋」について,事業を行う意欲のある民間事業者を「事業パートナー」として募集し,新たな事業を展開してもらうことにより,大谷石蔵の活用を図り,中心市街地の活性化を推進するものです。


事業の経緯

平成14年11月 ・栃木県建築士会宇都宮支部が,「旧公益質屋活用案」を提示
15年~ ・宇都宮まちづくり推進機構を中心に関係者が活用方策を検討
21年6月~ ・当機構内「大谷石特別委員会」において,民間事業としての活用策を検討
・平行して,所有者である宇都宮市と「旧公益質屋を活用した民間事業の導入について」を協議
22年2月 ・旧公益質屋を活用して事業を行う民間事業者(事業パートナー)を募集
⇒(7者が応募)
22年4月 ・選考委員会による選考の結果,民間事業者をシェフズ㈱に決定
22年6月 ・宇都宮まちづくり推進機構が,建物を市から購入,土地は,市から賃借(市と「定期借地権契約」;20年間)
・まち機構からシェフズ㈱に,土地・建物を一括して賃貸
(シェフズ㈱と「定期建物賃貸借契約」;10年間)
22年7月 ・まち機構が,建物補強工事を実施(基礎沈下防止,梁の金物補強等)
22年12月~ ・シェフズ㈱が,改修・内装工事を実施
23年5月 ・「ダイニング蔵おしゃらく」としてオープン


旧公益質屋の概要

  • 所在地:宇都宮市宮園町8番9号
  • 土地:285,70m²(86,4坪,公募面積)
  • 建物:132,45m²(40坪)(1階82,81m²/2階49,64m²)(昭和13年建築)


旧公益質屋従前の状況(平成22年5月撮影)
従前の状況(平成22年5月撮影)
内部の状況(1階,全面板張り)
2階(木枠の倉庫で,全く日は差さず)

補強工事の状況(22年7月),1階の床張りと基礎補強工事

「ダイニング蔵 おしゃらく」としてオープン(平成23年5月11日オープン)
1階
2階