ABOUT US

まちづくり推進機構について

組織概要

About us

宇都宮まちづくり推進機構とは

「空洞化の進む中心市街地を何とか再生させたい」との官民の強い思いから、平成11年10月、公共と民間が一体となった組織として「宇都宮まちづくり推進機構」が誕生いたしました。

宇都宮の中心市街地は、都市の顔であり、これまで宇都宮の歴史と文化を生み出してきた舞台であるとともに、市民の心のふるさとです。しかしながら、空き店舗の増加や歩行者通行量の減少などが進み、依然として先が見えない状況の中で、中心市街地の活性化は一刻の猶予も許されない緊急の課題です。

これまで、当推進機構としても、都心循環バスの導入やイルミネーション事業など、様々な事業に取り組んでまいりましたが、こうした課題に対応するため、平成21年9月「特定非営利活動法人」となり、宇都宮市長から「中心市街地活性化法」に基づく「中心市街地整備推進機構」としての指定を受けたところです。

この法人化により、当機構としても不動産の保有や収益事業、受託業務などが可能となり、より柔軟で自主的な活動が出来るようになりました。

このような中、特に中心市街地を流れる釜川を活用した各種イベントの実施や清掃活動、歴史的建造物である大谷石蔵の保存活用等の取組が、地域の自発的なまちづくり活動に広がっており、居住者や来街者の安全性や快適性の向上に貢献した取組であると高く評価され、栃木県内で初となる「第4回まちづくり法人国土交通大臣表彰」の【まちの安全・快適化部門】において、最高賞となる国土交通大臣賞のほか、2015年度グッドデザイン賞、第17回宇都宮市まちなみ景観賞、さらには栃木県経済同友会からは美しいまちづくり賞を受賞しました。

また、平成26年度に改定された宇都宮市の「第2期宇都宮市中心市街地活性化基本計画」において、中心市街地活性化のための目標指標が設定され、その達成に向けた様々な事業が計上されたところであり、今後の中心市街地活性化に対する期待が高まるところです。

今後とも、当機構が魅力ある中心市街地の形成や賑わいづくりに寄与するために、商店街や事業者等の民間との調整役など、まちづくりのコンサルタントとしての機能を更に発揮していくべく、引き続き中心市街地活性化事業の積極的な実施に取り組むとともに、組織の強化に向け、新たな公益的事業の掘り起こしに努めていきます。

これまでの事業

平成12年度
  • 「都心循環バスの導入検討」(翌年から商工会議所が実験運行)
平成13年度
  • 「シンボルロードライトアップ事業」の実施
平成14年度
  • まちづくり交流センター「イエローフィッシュ」オープン、運営
  • 「宇都宮グランドデザイン」策定
  • 「中心市街地空き店舗実態調査」の実施
平成15年度
  • 「大通り等の将来イメージの画像化」に関する共同研究
平成16年度
  • 「宇都宮屋台横丁影響度調査」(16年4月宇都宮屋台横丁オープン)
  • 「石の街うつのみや(景観・建築マップ)」(大谷石蔵マップ)作成
  • 「宮あるき探偵団マップ」「もったいないマップ」の作成
平成17年度
  • 「宇都宮市中心市街地ライトアップ実行委員会」の設立
  • 「空き店舗等情報システム」の稼動(推進機構ホームページ)
  • 「宇都宮おもてなしブック」の作成(宇都宮まちづくり会議)
  • 「大谷石・石空間フォーラム」の開催(~19年度)
  • 「妖精のまちづくり事業」の推進(マスコットキャラクター、創作童話等)
平成18年度
  • 「オリオンスクエア・イルミネーション事業」の実施
  • 「釜川ふれあい祭り」の実施、「釜川ふれあいの滝」のライトアップ
平成19年度
  • 「妖精のまちづくり事業」の推進
    ⇒ マスコットキャラクターの愛称募集・市民投票、創作童話の出版等
  • 宮あるき探偵団「宮のよもやま話」の発行
  • 田川遊歩道への芝桜の植栽、管理
平成20年度
  • 「歴史と光のフュージョン・プロジェクト実行委員会」
    ⇒ オリオンスクエア及びシンボルロード(南大通り南側)のイルミネーション
平成21年度
  • 旧公益質屋(大谷石蔵)活用事業の検討、民間事業者の募集
  • 「大谷石展示販売ブース」の開設(「来らっせ」土産品売り場の一角)
  • 釜川プロムナード整備活動(大谷石プランター・大谷石ベンチの設置等)
  • 「うつのみやイルミネーション2009」(シャボン玉の演出、消灯式等)
平成22年度
  • 「宮サイクルステーション」のオープン、運営
  • 旧公益質屋(大谷石蔵)活用事業(民間事業者の決定、補強工事の実施等)
  • 釜川プロムナード整備活動(夏、秋、冬に向けた大規模花植え)
    ⇒ 大型プランターと木製ベンチ・テーブルを設置(ふれあい広場)
  • 「二荒門前市」の開催(計8回)
  • 大谷石蔵・歴史的建物調査
平成23年度
  • 旧公益質屋が大谷石蔵レストラン「おしゃらく」としてオープン
平成24年度
  • 釜川改修20周年記念事業を実施
平成25年度
  • 「釜川川床桜まつり」の実施
  • 大谷石蔵コンサートの開催(歴史的建物活用特別委員会)
  • 「MACHI DESIGN SCHOOL 2013」の実施
  • 「上から見るぞ 立体観戦クリテリウム」の実施(WELCOMEクリテリウム2013実行委員会)
  • 「KAMAGAWA IN BLOOM」の実施(宇都宮中心市街地ライトアップ実行委員会)
  • LRT導入推進事業の実施(提言書の提出・シンポジウムの開催等)
  • 「まんが うつのみやの歴史」復刻版の作成
平成26年度
  • 「釜川川床桜まつり」の実施
  • 「釜川 夏の宴 鮎のつかみ取り」の実施
  • 大谷石蔵コンサートの開催(歴史的建物活用特別委員会)
  • 大谷石マップ「石の街うつのみや遺産と景観」の作成
  • 「上から見るぞ 立体観戦クリテリウム」の実施(ジャパンカップサイクルロードレース実行委員会 おもてなし専門部会)
  • 「KAMAGAWA IN BLOOM」の実施(宇都宮市中心市街地ライトアップ実行委員会)
  • まちかど広場でのイルミネーションの実施(宇都宮市中心市街地ライトアップ実行委員会・歴史と光のフュージョンプロジェクト実行委員会の共催)
  • 記念誌「ふるさと宮まつり40年のあゆみ」の作成
  • LRT導入促進事業の実施(「LRTの導入、整備に関する研究中間報告書」の策定作業)
平成27年度
  • 「釜川川床桜まつり」の実施
  • 「釜川 夏の宴 鮎のつかみ取り」の実施
  • 「釜川 ウオーキング事業」の実施
  • 「オープンカフェ事業」の企画検討
  • 「上から見るぞ 立体観戦クリテリウム」の実施(ジャパンカップサイクルロードレース実行委員会おもてなし専門部会)
  • 「うつのみやイルミネーション2015」」の実施(歴史と光のフュージョンプロジェクト実行委員会
  • 宇都宮市中心市街地ライトアップ実行委員会の共催)
  • 「かまがわイルミネーション」の実施(歴史と光のフュージョンプロジェクト実行委員会・宇都宮市中心市街地ライトアップ実行委員会の共催)
  • 宇都宮駅東口地区整備事業に関する研究
平成28年度
  • 宇都宮まちなかオープンカフェ事業社会実験を1ヶ月間実施
  • 「かまがわ川床桜まつり」の実施
  • 「釜川ウォーキング事業」の実施
  • 歴史的建物と大谷石蔵の情報を発信する「うつのみや石蔵バンク」を公開し、戸祭元町の大谷石蔵をマッチングする
  • 「石の街うつのみや」パンフレット増刷
  • 「上から見るぞ 立体観戦クリテリウム」の実施
  • 菊水祭付け祭りにおける火焔太鼓山車・桃太郎山車の巡行
  • 「うつのみやイルミネーション2016」の実施(オリオンスクエアイルミネーション・カマガワイルミネーション)
  • 「交通まちづくりシンポジウム」の開催
  • まちなか情報紙の「宮結(みやゆい)」の発行
平成29年度
  • まちづくり交流センター「イエローフィッシュ」リニューアル
  • シンボルマーク作成
  • 「宇都宮“江戸時代”歩き地図」制作
  • 「LRT導入促進事業」の実施
  • 「LRTの早期着工を目指す市民大会」への参画
  • 「交通まちづくりシンポジウム」の開催
  • 「宇都宮まちなかオープンカフェ事業」の実施
  • 「かまがわ川床桜まつり事業」の実施
  • 「釜川夏の宴事業」の実施
  • 「釜川源流ウォーキング事業」の実施
  • 「うつのみやイルミネーション2017事業」の実施
  • 「大谷石蔵マッチング事業」の実施
  • 「活かした石蔵街巡り」の実施
  • 「石蔵フォーラム」の開催
  • 「上から見るぞ 立体観戦クリテリウム」の実施
  • 「釜川美化活動(花植え・清掃活動)」の実施